革靴

ヒラキ、ドンキなどの格安ビジネスシューズの評価

「ドン・キホーテ」や「ヒラキ」などの格安ビジネスシューズの品質って気になりませんか?

この記事ではそんな格安ビジネスシューズの品質について記事にしました。

この記事を読むと格安ビジネスシューズの事が分かります。

結論として、格安ビジネスシューズは普通のビジネスシューズと見た目上はそこまで大きな差はないですが、多くはセメンテッド製法という壊れやすい製法で作られているので、長い目で見ると、コストが掛かってしまうことになります。

格安ビジネスシューズの事を知るためにもまずはこの記事を読んでみましょう。

因みにカジュアル用の革靴ラインナップ50選はこちらから。

【価格帯別50選】カジュアル革靴ラインナップカジュアル用革靴を購入する時に何を買ったら良いか迷いませんか? この記事ではカジュアル用革靴について予算に合わせてラインナップを紹介しておりますので、あなたにぴったりなカジュアル用革靴を選ぶ参考となります。 カジュアル用革靴は外羽根が特徴です。...

格安ビジネスシューズ店

ドン・キホーテ

ドン・キホーテの格安ビジネスシューズ「JUSTABLE」は1,480円+税と非常に安価です。合皮ですが、パット見は普通のビジネスシューズと変わりません。

どうしてもすぐに革靴が欲しくて、コストが掛けられないという人は買うのも1つです。

動画で観たい人はこちらから。

ヒラキ

CMでお馴染みのヒラキのシューズ。

ヒラキの靴は1,000円代で購入できる格安ビジネスシューズです。

最も安価なビジネスシューズは1,380円+税で購入できるのが最安価格となっております。

革靴なのにスリッパのような装着感との事です。

オススメするのは難しい

格安ビジネスシューズは見た目は普通の革靴と大きな差はないですが、やはり安いため、悪い部分はあります。

下記ツイートにもありますが、安かろう悪かろうという言葉があるように、安いものは何かしら品質を削っている為、安くなっているのです。

品質を落としている部分について、「買ってはいけない革靴」という動画にありますが、安価な革靴の多くの製法はセメンテッド製法という製法で、靴の底をボンドでくっつけているだけです。

それに対してグッドイヤー製法、マッケイ製法はしっかりと底を縫い付けておりますが、3万円、5万円と価格が張ります。
値段は張ってしまいますが、なんでも修理をする事を考えるとセメンテッド製法はコスパが悪い製法となります。

動画で観たい人はこちらから。