革靴

革靴のグッドイヤー製法は他の製法よりもコスパが良い理由

革靴の製法でグッドイヤー製法という言葉は聞いたことはありますでしょうか?

この記事ではグッドイヤー製法が良い理由について説明をします。

記事を読むことで靴の製法の違いについて学ぶことができます。

グッドイヤー製法は壊れづらい製法の為、長い目で見るとコスパが良い靴の作り方となります。

良い靴に出会い一生使えるような革靴に出会いましょう。

因みにカジュアル用革靴50選の記事はこちらから。

【価格帯別50選】カジュアル革靴ラインナップカジュアル用革靴を購入する時に何を買ったら良いか迷いませんか? この記事ではカジュアル用革靴について予算に合わせてラインナップを紹介しておりますので、あなたにぴったりなカジュアル用革靴を選ぶ参考となります。 カジュアル用革靴は外羽根が特徴です。...

グッドイヤー製法

靴の製法は様々な種類の製法があります。

代表的な製法として、YouTube森人さんの動画では次を上げております。

・ハンドソーンウェルテッド製法
ウェルトを手で縫う製法。全て手作りなので、高級な靴に使われる。

・グッドイヤーウェルテッド製法
ハンドソーンウェルテッド製法を機械で縫い付ける製法。

・ノルウィージャンウェルテッド製法
主に登山靴に使われる製法。

・ノルヴェジェーゼ製法
ノルウィージャンウェルテッド製法のウェルト無いが製法。

・マッケイ製法
ウェルトが無く、靴底と靴を縫っている為、縫い目が靴の中に見える。
靴は柔らかいが、長く歩くと疲れる。

・セメンテッド製法
靴底を接着剤で貼り付けただけの製法

動画で観たい人はこちらから

紹介した製法の中で壊れにくいのがグッドイヤー製法です。

安価な靴に多いのがセメンテッド製法で、これは靴底を接着剤でくっつけただけなので、履いているとその内にペロンと剥がれてしまいます。

私は高校生の頃、ローファーを履いておりましたが、安価なローファーは履いているうちに靴底が剥がれてきた思い出があります。
今思い返すとセメンテッド製法のローファーでした。

安い革靴はコストは魅力的ですが、グッドイヤー製法ならば靴底の交換も出来るので、長い目で見ればコスパは良いです。

オススメ革靴

リーガル

リーガルは日本のブランドです。安いものだとセメンテッド製法ですが、高いものだとグッドイヤー製法となります。

スコッチグレイン

スコッチグレインは日本の浅草で作られている革靴。私自身も何足も持っており、非常にカッコいい靴になります。全てグッドイヤー製法で作られております。

口コミ

革靴の製法についてTwitterからツイートを引用します。

こちらはコバ(エッジ)の部分が剥がれていたというツイートです。
安いものだとやはり底が剥がれてしまい、更に底の交換もできないのです。

こちらは安いセメンテッドは雨の時に使用しているというツイートとなります。
晴れの日はグッドイヤー製法にして雨の日には安いものを使用するというのは良いですね。